誰にも言えない性の悩みの早漏|必死に調べて早漏改善すべし

短時間での射精

男性の方の性の悩みとされる生じる年齢を問わない早漏とは、当人の意思により起こる射精感を一定時間操作する事が出来なくなり、当人の意思とは裏腹に非常に短い時間での射精となり、その時間も一分以内と定義され充実した時間を過ごす事が出来ない事から性交を苦痛に感じる事や相手の欲求を満たす事が出来ない事で男性の方が自信を失ってしまう事も有り、性の悩みとされるので深刻化すると状態の悪化にも繋がるとされています。
早漏の原因には幾つか挙げる事ができ、最も罹患者の中で多いとされるものが精神面から起こる事で、実に早漏が生じている方の約七割は現実あるいは過去に負った心の傷や心労等を理由に生じるとされており、心の問題あだけに直接的に作用させる事の出来る早漏改善方法は無く、人によっては心の奥底に眠る事引き金となっている事が有るので長期的な心理療法等を必要としてしまう事が有ります。
又、脳内に存在する神経物質の均衡に変調を来した際にも起こるとされ、射精時に活発になる交感神経から分泌されるNAを抑制する5-HTが不足する事で神経の興奮状態を鎮静する事が出来なくなり、当人の意思で射精を有る程度まで操作する事が出来なくなり生じるとされ、国際的にも唯一本症に対して効用を持つとされるのが抗鬱剤の成分ダポキセチンとされ、この成分を含有する医薬品の投薬により早漏改善が行えるとされます。
他にも陰茎の感度の問題が挙げられ、亀頭に皮を被った状態で有る真性あるいは仮性包茎といった場合や性交経験が少なく外部の刺激や膣圧等への耐性が整っていない事で少しの刺激で射精に至る事が有り、こういった際には経験を重ねていく事で刺激に耐性が付く事で有る程度感度が鈍化する事も有り、リドカインという局所麻酔剤を用いる事で人工的に鈍化させる事が出来るものも登場しています。
性の悩みは相手にはもちろん医師にも相談しにくく、繊細な男性の方にとってはデリケートな問題となりますが、原因により治療の方法も変わる事からや早めな早漏改善が推奨されます。